観光地

稲取つるし雛会場、文化公園へのアクセスとシャトルバス!雨観光にも最適で足湯あり!

投稿日:2017年2月10日 更新日:

伊豆の稲取は雛のつるし飾り発祥の地です。そこで、伊豆稲取温泉では雛のつるし飾りまつりを開催中!期間は1月20日から3月31日まで。つるし雛会場、文化公園へのシャトルバスがありますよ。

稲取文化公園のつるし雛

つるし雛はもちろん屋内に展示してありますから、雨の日でも大丈夫!足湯もありますし、稲取温泉で身体が温まって、つるし雛でこころも温まってくださいね!

稲取つるし雛とは

雛のつるし飾りの風習は東伊豆町の稲取という小さな港町独自の伝統です。江戸時代後期、又は明治頃から行われていたらしく、女の子のすこやかな成長を願って手作りされて現在まで受け継がれてきたそうです。

これでもか!ってほどの吊るし雛

稲取温泉とよばれている地域は、海沿いの国道からさらに海側へ突き出ている小さな半島で、夜通ると、稲取半島のホテルや旅館の灯りでキラキラしていてとても綺麗。鮮やかなネオンではなくて、白く透明に輝く灯りの半島。

その小さな稲取半島で手作りのつるし雛が受け継がれてきたのですね。ひと針ひと針紡いでつくる吊るし雛は、普通のお雛様は職人さんが作るけれど、こちらはおばあちゃんが孫に作ったり、お母さんやお姉さんが一緒に作ったのでしょう。

稲取つるし雛のメイン会場へ行ってみよう!

雛の館「文化公園」と雛の館「むかい庵」がメイン会場となっています。

文化公園とむかい庵、どちらかひとつでも300円、両方訪れても300円です。入館券が一緒になっているので、購入日当日限り有効なんですが、入館すると日付の入った入館済みの判を押してくれます。

文化公園

文化公園やむかい庵では圧倒されるくらいたくさんのつるし雛が普通のお雛様と一緒に飾られていて、扉を開けると思わず「うわ~!凄い!」と声をだしてしまうくらいです。

文化公園で入口で最初に見る吊るし雛。奥にはまだまだいっぱいあります。

あまりに吊るし雛が多くて、写真に入りきりませんね。ひとつひとつのつるし雛はうさぎ、巾着、三角、柿、座布団、桃、這い子人形、ふくろうなどたくさんの種類があります。それぞれ意味があるとのこと。

数え切れないくらいの吊るし雛

稲取ではお願い事をそのまま吊るしてしまうみたいです。例えば、巾着はお金が貯まるようにという願いです。這い子人形は、這えば立て、立てば歩めの親ごころ。子供の健やかな成長を願うなどです。

金目鯛や赤いたこもいます

このようなつるし雛が所狭しとたくさん飾られています。稲取独自の和細工が100年以上も受け継がれてきたんですね。出口の手前にお土産コーナーがあって、つるし雛も販売しています。

まとまったものはかなり高価ですが、ひとつずつキーホルダーになっているものがお手頃ですよ。吊るし雛のTシャツや兎キット、すずめキットなど自分で作れるキットも販売しています。

文化公園から駐車場までの歩いて5分程度の途中の道でもお店があって、いろいろな種類の切れ端キットも見かけました。いかにも昔そうな射的屋があったけど、それは閉まっていたと思う。

私は近所の方が趣味でつるし雛を少し作っていて、それをくださったので、この時期には家にもつるし雛をつる下げて飾っています。(^^)

娘達が小さい頃、一緒に稲取のつるし雛を見に行ったお友達は、旦那様のお仕事の都合で引っ越していきました。その後なんとなく遠のいてしまって、普段は忘れているけれど、つるし雛を見るたびに、どうしているかしら?元気かな?って思い出します。

文化公園の足湯

足湯は外にもありますし、屋内にもあります。なので、結構広いですよ。もし雨でもゆっくりできますね。文化公園の前の広場でも屋台があって、みかん(種類がちょっとわからないんですけど、大きいみかん)や飲み物や吊るし雛がならんでいました。

稲取つるし雛のアクセスとシャトルバス

2月10日から3月10日はバスが文化公園⇒むかい庵⇒なぶらとと⇒ふたつぼりを巡回します。文化公園の駐車場は海よりの駐車場になります。現地に行くと誘導されますが、確認の地図はこちらをどうぞ。⇒稲取温泉Map

稲取文化公園雛の館

  • 住所 : 〒413-0411  静岡県賀茂郡東伊豆町稲取1729
  • TEL : 0557-95-2901  (稲取温泉旅館協同組合)
  • 電車:伊豆急行線伊豆稲取駅より稲取温泉街方面へ徒歩15
  • 車:小田原厚木道路小田原西ICから国道135号経由60km1時間50分
    東名高速沼津ICから国道136・414号経由で65km120分吊るし
  • 雛まつりの期間は、海が目の前の駐車場へとめます。広い駐車場です。

たくさん車を停められます。 文化公園までは歩いて5分くらい。

むかい庵

住所 : 〒413-0411  静岡県賀茂郡東伊豆町稲取
TEL : 0557-95-2901  (稲取温泉旅館協同組合)
電車:伊豆急行線伊豆稲取駅より稲取温泉街方面へ徒歩15
車:小田原厚木道路小田原西ICから国道135号経由60km1時間50分
東名高速沼津ICから国道136・414号経由で65km120分


スポンサーリンク

稲取つるし雛の協賛会場はここ!

雛の館なぶらとと

なぶらととの入館料は100円です。

なぶらとと

壁のぼつぼつしたのはアワビやサザエの貝なんですよ。おもしろいでしょ?!建物の目の前ではなくて、裏側の海に面したところに駐車場があります。文化公園からも、向井庵からも、なぶらととへは歩いて10分位のところです。

  • 住所 :〒413-0411 静岡県賀茂郡東伊豆町稲取396
  • TEL :0557-95-2017
  • 電車:伊豆急行伊豆稲取駅から徒歩約10分
  • 車:国道135号稲取温泉入口看板より車で2分

地図は下です。「きんめ処なぶらとと」というお店の裏にあります。

収穫体験農園ふたつぼり

協賛会場の「ふたつぼり」はみかん園です。一年の中で種類の違うみかんが順番になるので、違う時期に行けば違う種類のみかん狩りができるんですよ。16種類のみかんが植えてあります。

以前、家族でみかん狩りに行った時は、手の届かないところは台の上に乗ったり、木に登ったりもして採りました。木のテーブルとナイフがみかん園の中にあって、そこで採ったみかんを食べ放題です。

そのときはジャム作り体験もしました。皮だけ使うマーマレードではなくて、実も使ってつくるみかんジャムで、美味しかった!ここでも「雛のつるし飾りまつり」期間中はつるし雛が飾ってあるんですね。無料で見れます!

  • 住所 : 〒413-0411 静岡県賀茂郡東伊豆町稲取1813-1
  • TEL : 0557-95-2747
  • 電車:伊豆急行伊豆稲取駅から徒歩約30分
  • 車:国道135号線を稲取方面に走り、日本生命稲取営業所のところに看板があるのでそこを右折、山側へ400mほど上ると第1駐車場あり。

地図は下です。収穫体験の時は駅までの送迎があるそうですよ。

稲取つるし雛のおさらい

  • 伊豆稲取のつるし雛まつりは1月20日から3月31日までです。
  • 文化公園雛の館、むかい庵、なぶらとと、収穫体験農園ふたつぼりでつるし雛が見れます。
  • お土産コーナーでは、完成品の販売や手作りキットもあります。
  • お外や路上ではみかんを売っています。

伊豆に来てから初めて食べたみかんはポンカンとニューサマーオレンジ。我が家はみかんが大好きなので、実は吊るし雛を見に来たときも、路上で売っていたみかんを買いました。車だと運ぶのに重くないからいいですよね♪

この辺のみかんは、私の個人的な正直な印象としては、実は見た目はあまり良くないんです。味で勝負!!(笑)味も人によって好みがありますよね。酸っぱめが好きとか、甘めが好きとか。一度召し上がってみてくださいね!

可愛いつるし雛をみた後は、お隣の河津まで行って、河津桜まつりに行けば楽しさ倍増です!是非遊びにいらしてくださいね!

河津桜まつりの記事はこちらをどうぞ。⇒http://izuno7.com/kawazu-sakura/

スポンサーリンク

-観光地

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

松崎町の歴史ある古民家は無料休憩所の伊豆文邸!ランチは蔵らでケーキはフランボワーズ!

松崎町には素敵な古民家の無料休憩所、伊豆分邸があります。とっても気さくでやさしい管理人さんがいらっしゃることもありますが、誰もいないときもあるんですよ。勝手に上がって、休んでくださいね。寝っ転がっても …

伊豆観光で冬と夏休みの子供向けランキング!子供連れ室内遊びや宿泊はここ!

伊豆は都内から近いですし、伊豆には自然がたくさん残っているので、忙しい毎日を過ごしている方は伊豆に来るとリラックスできますよ~。是非子供の夏休みに合わせて観光にいらしてくださいね。 冬だって子供向け( …

伊豆観光デートスポットは沼津深海水族館?それとも薔薇の河津バガテル公園(春と秋が最高!)?

全く違う雰囲気の2つの伊豆デートスポットをご紹介しま~す!ひとつは沼津にある深海水族館です。だたの水族館ではありませんよ。深海魚がいる水族館です。なんだかマイナーな感じがしますか?いいえ、深海魚は今人 …

静岡下田の美術館!上原美術館のご紹介。田舎の美術館だからこそあるメリットはこれだ!!

都会の大きなスタイリッシュな美術館はいつも多くの人が訪れています。それなのに田舎の小さな美術館はひっそりとたたずんでいるんですよ。下田の上原美術館はあまり訪れる人も多くはありません。 そこで田舎の小さ …

伊豆観光列車、豪華な青い「ザ・ロイヤル・エクスプレス!!」料金と停車駅、予約方法は?

2017年7月21日から伊豆の観光列車として運行されたThe royal express ザ・ロイヤル・エクスプレスが、とても贅沢な旅を提供してくれます!JR東海道線の横浜駅と伊豆急行線の伊豆急下田駅 …



error: Content is protected !!