歴史

伊豆半島誕生の秘密がここに!!フィリピン海プレートの移動で本州に衝突した伊豆半島!!その結果富士山もできた?! 

投稿日:2016年11月15日 更新日:

私は何を勘違いしたのか、「伊豆半島は大昔にフィリピンからやってきて本州にぶつかったらしい。」と思い込んでいました。「フィリピン」ではなくて「フィリピン海プレート」だったのですね。

地層の断層が良く見えます。

「プレート」ってなんでしょう?地殻やマントルとは?疑問でいっぱいになりました。そこでそれらを簡単に理解してからどうやって伊豆半島ができたのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

地殻とは

地殻とは地球の表面から、大陸地殻の場合は深さ30~40kmくらいで、海洋地殻の場合は深さ6kmくらいまでの岩石です。マントルの上にあります。

30kmがどのくらい深いかというと、

  • 人類が一番深く掘った穴で12km
  • 人類が到達した最深記録は3.9Km
  • これはニューヨークの地下鉄の工事や南アフリカの金鉱山での深さ

ということは、人類はマントルをみたことがない、というか、その近くにも
全く行ったことがない、ということになりますね!
(近くまで行ったら熱くて大変でしょうけど)

私は地球の奥は暗いと思っていたけれど、マントルは眩しくて輝いていると研究からわかっているそうです。でも実際には誰も見ていないからいつの日か見れる日が来るのが楽しみです。宝石でいっぱいらしいですよ?!

スポンサーリンク

プレートとは

プレートとは、

  • 地球の表面を覆う、十数枚の厚さ100kmほどの岩盤
  • 地殻とマントルの最上部を合わせたもの

なんと100kmもある、ということですが、東京から熱海ぐらいが100km。
想像もできない厚さですね。

プレートには大規模なもの、小規模なもの、埋没しているものが有ります。

大規模なプレートはユーラシアプレート(アムールプレート)、北アメリカプレート、太平洋プレート、南極プレート、アラビアプレートなど全部で14あります。フィリピン海プレートはこの大規模なプレートのひとつです。

小規模なプレートは40枚程度存在します。たくさんあるから書きませんが、日本にあるオホーツクプレートは小規模なプレートになります。地球ってこんなにたくさんのプレートがあるのですね。

少しづつ動いていたり、押し合っていたりするのは日常感じませんが、自然って面白いですね。

日本はユーラシアプレート(アムールプレート)、オホーツクプレート、フィリピン海プレートの上にあります。日本でフィリピン海プレートの上にあるのは伊豆半島だけです。

マントルとは

マントルは岩石からなっていますが、

  • 同じく岩石からなる地殻とはわずかに組成や物性が違います。
  • マントルは地殻の下にあります。

地殻とマントルの溶けた物がマグマというらしいですが、紛らわしいですね。マントルを見たことのある人はいないけれど、プレートが動くということは、マントルってとんな個体なんでしょう。

砂みたいな感じの個体なら動きやすそう。実際のマントルの画像がないから分かり難いですよね。

フィリピン海プレートが移動して来た

伊豆半島は、フィリピン海プレートが移動してきた、というのは知ってましたか?

  • 2000万年前では、フィリピン海プレートの上にある伊豆半島は南洋の海底火山群でした
  • その後、フィリピン海プレートとともに噴火を繰り返しながら北上
  • そして、海底火山だったのが海から頭を出して島になり
  • その後、およそ60万年前に本州に衝突

やがて現在の形に出来上がったのです。現在も押し続けています。ということは、伊豆半島が本州にぶつかって、その後火山活動があってできた富士山は、まだまだ高くなるのでしょうか?!

プレートが動いているということは地殻とマントルの上部が動いているということです。少しづつだから全く感じませんね。

プレートにより地殻変動があり、海底火山から陸上火山活動も続けられ、伊豆半島独特の地形ができたのです。温泉や海の地形の美しさ、そして相模湾や日本一深い駿河湾を形成しました。

サンドスキー場

吉佐美(きさみ)サンドスキー場では砂が海から押し上げられています。(地図は記事の下にあります。)

サンドスキー場。プラスチックのソリで滑り降りると楽しいですよ!

急な傾斜の砂の斜面が海岸の向かい側にあって、ここでプラスチックのソリで滑り降りると、砂だらけになりました!(笑)午後は風が強くなるから、ソリで遊ぶなら午前中が良いですよ!

竜宮窟(りゅうぐうくつ)

竜宮窟では黄色い地層が見えます。

竜宮窟へ入って見ると、海と空からの光が差し込んでいる!

竜宮窟から見上げると青い空が見える!

竜宮窟の上から下を覗く!ハート型よ!

ハート型に穴があいていてキュートな洞窟です。ここは下へも入って行けますし、外側から歩いて登って上から見下ろすこともできるんですよ。まるでロマンチックな秘密基地のような場所です。

伊豆石

地層を切り出した伊豆石は2種類あります。一つ目は海底に積もった火山灰や軽石でできている加工しやすい伊豆軟石です。もう一つは溶岩が固まってできた固くて耐久性のある伊豆硬石です。

伊豆軟石で韮山反射炉が作られましたし、伊豆硬石では江戸城の石垣が作られました。

湧き水

雨が降ると、溶岩やスコリアで隙間が多く、水を通しやすい地層の中に蓄えます。そこから湧き水をもたらします。スコリアは火口から噴出したマグマが泡立って、細かい穴の空いた石ころです。湧き水のおかげで美味しいわさびがたくさんできます。

まとめ

  1. 2000万年前、フィリピン海プレートの上にある伊豆半島は南洋の海底火山でした。
  2. 噴火を繰り返し、海底火山から島になり、日本まで移動してきて衝突しました。
  3. 伊豆半島の美しい地形や温泉、湧き水は60万年前の地殻変動や火山活動からの贈り物です。

伊豆半島が初めから本州の一部だったのではなく南洋から移動してきたことは、本当に驚きの事実です。プレートは岩盤なのに移動しているという感覚が不思議ですが、氷河も動いているわけですから、私達が気が付かないけれど少しずつ移動しているのですね。

気の遠くなるような時間がかかっているので、地球の歴史と生命力を感じます。この時間の流れに比べたら、私達が生きている時間なんてほんの一瞬ですね。しっかりと一瞬を生きなければ!!

このようにしてできた美しい地形の伊豆半島に是非遊びに来てくださいね!

スポンサーリンク

-歴史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

吉田松陰が下田の蓮台寺温泉で湯治した後密航を図る!!吉田松陰湯治跡の説明付き料金は?

蓮台寺(れんだいじ)にある吉田松陰寓寄処とはどういう場所でしょうか?寓寄処(ぐうきしょ)の意味は? 吉田松陰寓寄処です。かやぶき屋根と黒い木の柱が趣があっていい感じです。 吉田松陰寓寄処へ訪れてみまし …

下田、黒船で密航を企てた吉田松陰はペリー提督に拒否された?!その後松下村塾で弟子に講義!!

吉田松陰(よしだしょういん)は天保元年(1830)松本に生まれました。幕末、吉田松陰は黒船来航のとき密かに渡米しようとして失敗した話は有名ですが、どんな人だったのでしょうか? 吉田松陰の像。正座をして …

お吉記念館はお吉物語のハリスとお吉の資料がいっぱい!天津羽衣や島津亜矢の歌!

伊豆下田の宝福寺にはお吉記念館があります。天津羽衣さんや島津亜矢さんのDVDも販売していますよ。 「唐人お吉」(とうじんおきち)とは、なぜ日本人なのに「唐人」(とうじん)とよばれたのでしょうか?これは …

伊豆下田市生まれの下岡蓮杖は横浜写真館のあと起業!!蓮杖写真記念館は寝姿山山頂です!!

日本の写真術の開祖は「西に上野彦馬、東に蓮杖」といわれていました。下岡蓮杖の生まれた伊豆下田には幕末、吉田松陰、勝海舟、坂本龍馬と歴史を動かした人たちが登場しますが、下岡蓮杖もその中の1人です。 下岡 …

土佐藩出身の龍馬が下田で脱藩を許されたのは嵐と勝海舟のおかげ!!龍馬像にポケモンGO出現!!

江戸時代末期の志士坂本龍馬。土佐藩(今の高知県)出身の坂本龍馬が下田とどのような関わり合いがあったのでしょうか?龍馬が結成した亀山社中は長崎ですし、龍馬の眠る墓は京都霊山護国神社です。下田となにが関係 …