寺、神社 歴史

お吉記念館はお吉物語のハリスとお吉の資料がいっぱい!天津羽衣や島津亜矢の歌!

投稿日:2017年11月10日 更新日:

伊豆下田の宝福寺にはお吉記念館があります。天津羽衣さんや島津亜矢さんのDVDも販売していますよ。

「唐人お吉」(とうじんおきち)とは、なぜ日本人なのに「唐人」(とうじん)とよばれたのでしょうか?これは「毛唐」(けとう)という言葉から来ています。昔は「毛唐」は毛色の変わった人たちという意味から、中国や欧米人を卑しめて呼ぶ言葉でした。

現在では使われていません。今は外国人と呼びます。お吉(おきち)さんは日本人ですが、外国人のお世話係をしたから「唐人お吉」と呼ばれ卑しめられたのです。

dsc_0381

お吉さんのお墓です。奥の小さな墓が元のお墓です。昭和5年に水谷八重子さんや監督等が参拝に来てりっぱなお墓を寄贈してくれました。

お国のために国の命令でタウンゼント・ハリスさんにお仕えしたのに、自分の国の人びとから迫害されるという人生を歩むことになったお吉(おきち)さんの人生を振り返って、人間の心に潜む影の部分を考えてみようと思います。

お吉さんのお墓と資料がたくさんありますからゆっくりと見てみましょう。

スポンサーリンク

観光地と歴史のコラボ

観光地で、そこだけにある独特なものは何か?他にはないその場所だけの魅力は何か?そう考えると、きれいな海は伊豆以外にもあります。自慢の河津桜も苗を売っているのだから、別の場所で育てば別の場所にも存在するわけです。

だけど、歴史はその場所で起こったこと。他の場所ではなく、ここだけの歴史。観光地で歴史を大切にするのはとても重要なことだと思います。ときには歴史は真実だけでは楽しめない、何かが足りない時もありますよね。

物語にして語り継がれ、ドラマとして演じられ、人びとにロマンを与えたり、情に訴えた形の方が、事実が消えること無く歴史として語り継がれる手助けとなるでしょう。

  • お吉記念館(宝福寺境内)
    • 年中無休
    • 8時から17時まで
    • 大人400円 高校生200円 小中学生無料

年中無休だから、年末や年始のお参りに宝福寺に来たときも、その時に入館できますね。

3月27日はお吉(おきち)祭り!!

dsc_0247

これはお吉祭りのポスターです。

毎年3月27日にお吉祭りがあります。お吉さんに会いに来てくださいね。お吉さんを演じた芸能人やお吉ファンの方々からたくさんのお花が届きます。

お吉物語を演じた佐久間良子さんや奈良岡朋子さん、坂東玉三郎さんからもお花が届きます。

笹みどりさんはお吉さんの歌を歌っています。「お吉花無情」です。

島津亜矢さんの歌う「お吉」。人気がありますね。

下田の芸者さんたちが集まってお吉さんのお墓の前でお写真。

2017年3月27日。お吉桜がもう葉桜になりかけています。 山桜と似ていて花びらが大きめで、染井吉野よりも早い時期に咲きます。

毎年3月27日のお吉さんの命日にお吉祭りがあります。是非いらしてくださいね。

お吉さん内海から下田へ

「唐人お吉物語」は小説や舞台、歌舞伎で有名になりました。本名は斎藤きちです。天保12年(1841年)愛知県知多郡内海(うつみ)に船大工の娘として生まれました。下田へ移り住んだのが4才で、14才で芸子になりました。

お吉さんと鶴松

お吉さんには鶴松というお兄さんのような幼馴染がいました。お吉さんは鶴松との結婚を望んでいました。しかし、鶴松は役人から「お吉とわかれたら侍になって刀を持っても良い。」と言われ、お吉を捨ててしまうのです。

役人の方では、なんとかしてお吉さんと鶴松を別れさせたくて、本来なら侍になれない鶴松を侍になれるように取り計らったのですね。鶴松の夢は侍になって刀を持つことだったことを知って、この条件を出したのでしょう。

お吉さんかわいそう。ひどくがっかりして傷ついたはずです。それでもハリスさんの元へ行って、献身的に病弱だったハリスさんを支えようと努めたから、お吉さんは強い精神の持ち主ですよね。なかなか出来ないことです。

お吉さん、ハリスさんのお世話係に

お吉は、17歳のとき、大金と引き替えに総領事館タウンゼント・ハリスさんのお世話係になり、奉公にあがることとなります。

ハリスさんは健康面で問題が有り、身体が弱かったらしくアメリカの方では看護婦を捜していたらしいのですが、その当時日本には看護婦という職業がなく、日本の役人が妾と勘違いしたと言われています。

dsc_0376

ハリスさんが身体の具合が悪く飲んでいた薬と薬箱です。 異国の地で具合が悪くなってさぞかし不安だったことでしょう。 異国の薬を飲むことに抵抗はなかったのでしょうか?

この時のまわりの人びとの驚きはお吉へのいじめとなって現れます。その当時、誰であっても、毛唐といって恐れおののかれていた外国の異人さん。その人のお世話をする日本人女性というだけで差別されてしまったのです。今では考えられませんよね。

お吉さんへのいじめがエスカレート

でも、それだけでしょうか?お吉さんの美貌に対する羨ましいという気持ちがいじめにもつながっているのではないでしょうか?そして一般の人が一生働いても手に入れることのできない大金を手に入れたことへの嫉妬心があったのでしょう。

人は1対大勢になると時として大勢の側は残酷なくらい嫉妬の勢いに火が付いてしまうことがあるようです。いつの時代でも人間の妬みは一番恐ろしいですよね。

昔の下田の人たちがお吉さんに対して、偏見をもって差別をし、嫌がらせをしたことは悲しい、歴史の暗い部分になります。でも、下田の秘密にしたい歴史の裏の部分さえもさらけだしているのが、お吉記念館になります。

お吉さん路頭に迷う

お吉さんはハリスさんがアメリカへ帰った後、京都で芸子となったり、下田に戻り髪結い業を始めたり、小料理屋安直楼を開業したりしますが、上手く軌道に乗りませんでした。幼馴染みの鶴松と結婚するもほどなく離別してしまいました。

周りからのお吉さんへの嫌がらせは続きましたが、お吉さんはプライドがあり、どんなに辛くても人に甘えたり、施しを受けたりする人ではなかったそうです。

お吉さん、川へ身を投げる

世間からは相変わらず罵声を浴びせられ、最後にはお金も無くなり、貧困生活の後、下田港へ注ぐ川の上流(稲生沢川)で身を投げてしまいます。亡くなった後も三日間そのまま放置されていたそうですが、これは可愛そうですね。この場所がお吉が淵です。

これほどまでに当時は外国人に対する恐怖があったということでしょう。お吉さんを排除することで従来と同じ鎖国時代の変わらない日々を送りたいという気持ちがあったのかもしれません。

日本と外国との関係が劇的に変化するのを目の当たりにして、当時の人びとが不安に恐れ慄くのも無理はないでしょうけど。港町の庶民の人たちがアメリカの圧倒的に強い軍事力に屈して日本が変わっていくのを実際に見て、不安を感じていたんですよね。

吉さんを引き取る

宝福時の当時の住職が身寄りのないお吉さんの身柄をひきとりました。宝福寺の境内、「お吉記念館」の中庭に葬られています。お国のために尽くしたお吉さんへのあまりの仕打ちに涙を流し、多くのお吉ファンがお吉さんのお墓参りをしています。

dsc_0377

お吉さんが使っていた櫛やかんざしです。 まだ残っていました。きれいです。

dsc_0370

お吉さんが下田から江戸へ行く時に使用した籠です。 戸は引き戸になっていて四人で担ぎました。

籠に乗れるというのはお金のある人だけだと思うけど、こんなに小さな籠の中に座っていたら、大きく揺れるわけだし、かなり乗り心地悪そうですね。昔の人の移動は本当に大変なことだったのだろうと改めて思います。

 住職竹岡大乗師の危機

当時の住職大乗師は、お吉を引き取ったことで、檀家や周囲のひんしゅくをかい下田を追い出される結果となりました。そして横浜の刑務教誨師として死刑囚の救済にあたりました。

こういう事実があるから、小説や舞台での物語といろいろな見方の出来る歴史とが混ぜ合わさっていても、語り継がれて行くんだと思っています。

境内の石造物

dsc_0380

ボケ防止地蔵です。

境内の奥にあります。このお地蔵さんが気に入りました。今からボケ防止のためお祈りします。(笑)

dsc_0379

長寿亀です。

ここに座って写真をとります!長寿にボケ防止がセットになっている中庭です。(笑)

ちょっと笑ってしまう石造物でした。お吉物語が悲しいものなので、ここで気持ちを切り替えて元気をだして先へ進めますね!中庭は梅、桜、みかん、楠などの木があるので、気持ちも落ち着きますよ。

水曜日は語り部の日

お吉記念館では水曜日は語り部の日です。「お吉物語 by 夕顔(ゆうがお)」になります。歌あり語り有りの20分間に、胸を打たれ、涙しながら感動のひとときを過すことになるでしょう。

語り部さんがボランティアなので無料で聴けて、ラッキー水曜日です。このブログでは書ききれないお吉さんの謎の全てが特別な水曜日、語り部による「お吉物語」によって明かされます。とっても人気があります!

スポンサーリンク

まとめ

  • 初代総領事タウンゼント・ハリスのお世話係になったお吉さん。
  • 役人に頼まれ、最初は断ったがお国のために引き受けたお吉さん。
  • 人びとからの嫌がらせがあり、最後は亡くなっても引取りてが居なかった。
  • 宝福寺の住職が人夫とともにお吉さんの亡骸を引き取りに行って、埋葬した。
  • 大乗住職が檀家や下田の人から追放された。

歴史の裏側で哀れにも亡くなってしまったお吉さんのことを思うととてもかなしいです。それでも卑屈にならず、凛として生きていたお吉さんだからこそ、「お吉物語」は小説や舞台、歌舞伎、TVドラマなどで皆から愛され続けているのだと思います。

激動の時代を駆け抜けていった坂本龍馬と悲劇的な人生を歩んだお吉は、同じ時代に同じ場所ですれ違っているのですね。皆さんも是非この場所ですれ違いませんか?

天津羽衣さんや島津亜矢さんのDVDも販売していますよ。

近くの見どころのご紹介

お吉記念館からあるいて5分位のところに鶴松さんのお墓があります。稲田寺というお寺です。

それから、あるいて15分くらいのところに安直楼というお吉さんが小料理屋をやっていたお家があります。普段は閉まっていますが、2017年3月27日のお吉祭りのときは中へ入れたんですよ。来年はどうなるでしょうか?

安直楼。外から見た様子。1階はカフェ、2階は展示がありました。

お近くにはおもしろ地形の竜宮窟、サンドスキー場や下田水族館があります。
伊豆半島誕生の秘密がここに!!フィリピン海プレートの移動で本州に衝突した伊豆半島!!その結果富士山もできた?! 
イルカを触れる下田海中水族館!驚く肌触りとお得なJAF割引き料金で突撃!?

下田の歴史関係の記事はこちらです。
吉田松陰が下田の蓮台寺温泉で湯治した後密航を図る!!吉田松陰湯治跡の説明付き料金は?
下田、黒船で密航を企てた吉田松陰はペリー提督に拒否された?!その後松下村塾で弟子に講義!!
伊豆下田市生まれの下岡蓮杖は横浜写真館のあと起業!!蓮杖写真記念館は寝姿山山頂です!!

付録ー猫にゃん

お吉記念館には猫にゃんたちがお昼寝をしたりご飯を食べに来たりして過ごしています。もとはノラニャンなのでなついているものもいるし、用心深いものもいます。お寺と猫ってなんだかしっくりしていて、ほっとします。安らぎの空間です!

dsc_0232

お吉記念館の横のデッキでくつろぐ2匹の茶色い猫。

dsc_0228

あんなに高いところでお昼寝しているニャンコ。

dsc_0227

トラ猫に近づこうとしたら逃げられた。 大丈夫なのに。

dsc_0182

ほくろがあって可愛いです。 模様もキュート!

あなたも猫達に会えると思いますよ。他にもたくさんいるらしいのですが、なんといっても餌だけ食べに来るノラちゃんたちですから、気ままに来たり居なくなったりしているようです。

あなたが訪れるときはどんな猫に出会えるかしら?!

スポンサーリンク

-寺、神社, 歴史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初詣、静岡県西部と東部ランキング!!縁結びやデートの穴場はどこ?

いつの時代も初詣は新年の楽しみですよね。お友達と出かけても、デートで出かけても初詣というイベントが出不精の人の肩を押してくれます。寒くても気合を入れて出かけたくなりますよね。 初詣 さて、伊豆は静岡県 …

吉田松陰が下田の蓮台寺温泉で湯治した後密航を図る!!吉田松陰湯治跡の説明付き料金は?

蓮台寺(れんだいじ)にある吉田松陰寓寄処とはどういう場所でしょうか?寓寄処(ぐうきしょ)の意味は? 吉田松陰寓寄処です。かやぶき屋根と黒い木の柱が趣があっていい感じです。 吉田松陰寓寄処へ訪れてみまし …

空海が創設した富貴野山「宝蔵院」!「21世紀の森」で自然と一体化!

松崎町の広大な山林の中に、昭和60年に構想した「21世紀の森」っていう公園があるんですけど、21世紀のための森林公園、ってどんなところかな?「21世紀の森」がある富貴野山(ふきのさん)には空海が創設し …

「富士山」と言っても下田富士!入り口が参道で頂上が浅間神社です。女子旅にいかが?

伊豆は伝説や民話の宝庫です。下田の子供も大人もみんなが知っている民話です。どんな場所が民話に出てくるのか気になります。お気に入りの民話に出てくる場所へ訪れてみることにしました。まずは伝説のご紹介を致し …

小稲の虎舞2017in南伊豆!!日程や歴史と近くのおすすめお宿は?!

小稲の虎舞は全国的にも珍しい舞いで、無形文化財指定されているんですよ。小稲の虎舞の日程ですが、2017年は10月3日(火曜日)におこなわれます。毎年中秋の名月前夜に、来宮神社祭典で奉納される虎の舞です …