寺、神社

湯河原の五所神社はパワースポット!! 湯河原駅からのアクセスは?

投稿日:2016年11月22日 更新日:

熱海と湯河原はちょっといりくんでいる部分があって、熱海に近い湯河原の五所神社(ごしょじんじゃ)を紹介します。私が気になる木があるのでたまに訪れます。

dsc_0038

楠に近づいて手を木に当てると、かさっとしていて、冷たくも温かくもなく軽い感じです。気持ちも軽くなりますように。

ここはいつもあまり人が居なくて静かなのでお気に入りの場所です。大きな有名な神社もいいけれど、やや人の少なめの所が好きな人にはたまらない神社ですよ。あなたもきっと気にいると思います。

スポンサーリンク

静寂な五所神社がパワースポットに

湯河原に五所神社というパワースポットがあります。車のよく通る道の角にあるのですが一歩中に踏み入れると静寂な木に囲まれた神社です。

木に神様が宿っているような雰囲気があります。背の高い楠(くすの木)を見上げると、木漏れ日がきらきらしています。

神宿る楠

最初の鳥居をくぐって階段を上がっていくと、樹齢850年の楠は存在感たっぷりで立っていました。

dsc_0034

神宿る楠です。樹齢850年。木の周りには綱が掛けてあって白い紙がぶら下がっていました。長く生きている木なので随分世の中の移り変わりを眺めたことでしょう。

dsc_0037

このように「神宿る木のくすのきに触れて神様のお力をいただきましょう。」と書いて立てかけてあるので、堂々と楠にさわれます。

dsc_0040

幼木のころから天照大神(あまてらす おおみかみ)の力を授かり、とてもりっぱな大樹になりました。今では五所神社の御神木として、神社に訪れた方がこの木に触れて力をもらっています。パワースポットとして人気の場所になりました。

町の天然記念物となったくすの木。陽の光を浴びて、まわりに清い空気を出しています。

龍の口から自動で水がでます

dsc_0042

手水舎(てみずや)。

柄杓を龍の口に近づけると自動で水が出ます。水を無駄にしない方法ですね。こんなところでも節水に気を使っているとは、とても現代的です。柄杓の水で手を清め口をすすぎます。

参拝は端を歩いて

dsc_0043

これは二度目の鳥居です。階段を上がると、社殿があります。

この階段は参道です。参道の真ん中は神様が通るところとされているので、右か左の端を歩くの基本が参拝のルールだそうです。

dsc_0044

社殿

社伝の前に二匹の狛犬がいます。魔物が神様のいる場所へ入ってこないように睨んで見ています。人は入っていけるのですね。

二拝、二拍手、一拝

二拝、二拍手、一拝が基本の参拝です。このようにして神様にお願い事を拝みます。

  1. 神前では軽くお辞儀をしてお賽銭を入れます。
  2. 二回礼をします。お辞儀は腰を折って深く礼をします。両腕は身体の横にまっすぐにつけます。
  3. 二回柏手(かしわで)を打ったあと両手を合わせて祈念します。
  4. 最後に再び一回礼をします。

今まで2拝、2拍手、1拝を知っていても、端折ってしまうこともありました。やはりこういう神聖なことはルールを守らないといけませんよね。深く反省して以後気をつけます。(._.)

七福神が全員集合

大黒天(だいこくてん)、恵比寿神(えびすしん)、毘沙門天(べしゃもんてん)、布袋尊(ふたいそん)、弁財天(べんざいてん)、福禄寿(ふくろくじゅ)、寿老人(じゅろうじん)という七福神が境内に配置されています。

七福神は新しくてピカピカしているので、随分五所神社の木々とは対照的だと感じました。この七福神が古くなる時代も遠い将来、いつかやってくるのですね。五所神社のお参りがおわったら、七福神めぐりができますよね。

倒れ掛かったイチョウの木

dsc_0035

倒れ掛かった銀杏の木。

樹齢800年の銀杏(いちょう)の木は町指定天然記念物となっています。樹齢が古いほど何か神秘的なものを感じます。倒れ掛かったイチョウの木をつっかえ棒をして支え、守っています。頑張れ!銀杏の木!倒れないでね!

スポンサーリンク

アクセス

JR湯河原駅からバスの2番乗り場より伊豆箱根バス・箱根登山バスをご利用いただき約5分で五所神社です。徒歩では約10〜15分です。駅からタクシーが便利です。

近辺の見どころのご案内

湯河原の先にある熱海へ行くと、あの有名な伊豆山神社があります。伊豆山神社のような大きな神社も時間にゆとりのあるときに是非訪れてみてくださいね。
熱海のパワースポット伊豆山神社の由来について!北条政子と源頼朝の縁結び効果があるって本当!?

湯河原から近い熱海にはあの有名なMOA美術館があります。
MOA美術館「紅白梅図屏風」2017.5月本物特別公開と展示!! 熱海温泉街散策食べ歩き!!

まとめ

  • 五所神社には樹齢850年の御神木の楠がある。
  • そのためこの神社がパワースポットとして人気が出ている。
  • 静寂な時間があって、落ち着ける空間だ。
  • 参拝のやり方は身体を清めてから、端を歩いて行く。二拝、二柏手、一拝をすること。

立派な五所神社だけれど、静寂な時間があるところが気に入りました。木に神様が宿るのはとても自然に受け入れられますよね。五所神社で御神木の楠に触れてから、他の場所で古い木に出会った時も、やはり触れたり抱きかかえたりしたくなるんですよ。(*^^*)

きっと木の感触が木にしかない独特な心地よいものだからですよね。そして木が綺麗な空気を出すように、私の中の気も浄化して欲しいという気持ちもあるんだと思います。参拝のやり方もきちんと守りたいです。あなたもやってみてくださいね!

スポンサーリンク

-寺、神社

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初詣、静岡県西部と東部ランキング!!縁結びやデートの穴場はどこ?

いつの時代も初詣は新年の楽しみですよね。お友達と出かけても、デートで出かけても初詣というイベントが出不精の人の肩を押してくれます。寒くても気合を入れて出かけたくなりますよね。 初詣 さて、伊豆は静岡県 …

お吉記念館はお吉物語のハリスとお吉の資料がいっぱい!天津羽衣や島津亜矢の歌!

伊豆下田の宝福寺にはお吉記念館があります。天津羽衣さんや島津亜矢さんのDVDも販売していますよ。 「唐人お吉」(とうじんおきち)とは、なぜ日本人なのに「唐人」(とうじん)とよばれたのでしょうか?これは …

御朱印とは料金の渡し方や御朱印帳の袋は必要なの?ご神体や分身で効果ありって本当?

お寺や神社がパワースポットとして人気がでてきました。だから参拝者も若い人たちで賑わっているらしいです。中には縁結びで有名なパワースポットだってありますから気合が入りますよね!(^o^)丿 熱心に参拝す …

土佐藩出身の龍馬が下田で脱藩を許されたのは嵐と勝海舟のおかげ!!龍馬像にポケモンGO出現!!

江戸時代末期の志士坂本龍馬。土佐藩(今の高知県)出身の坂本龍馬が下田とどのような関わり合いがあったのでしょうか?龍馬が結成した亀山社中は長崎ですし、龍馬の眠る墓は京都霊山護国神社です。下田となにが関係 …

勝海舟の玄孫と坂本家の子孫が語った!海舟と龍馬、2人の驚きの共通点とは?

全国龍馬会というのがあって、龍馬のファンが集い勉強会をしたり、楽しいイベントで盛り上がろう、という感じのものらしい。伊豆龍馬会は121番目に発足しました。静岡県では浜松の方が先に龍馬会があったそうです …