日々の暮らし情報

OPECとは?米国のシェールガスとアラブの原油価格の関係を簡単に説明!!

投稿日:

シェールガスの価格とアラブ諸国の原油の価格はどう関わってくるのでしょうか?難しいことはさておき、簡単に説明します!

OPECは原油輸出国によって結成され、輸出国の利益を守ることを目的としています。参加国はアフリカや中東の国々です。

引用元:http://www.jogmec.go.jp                   液化天然ガス(LNG)を運ぶ日本郵船のタンカー

OPEC加盟国はイラク、イラン、クウェート、サウジアラビア、ベネズエラ、カタール、リビア、アラブ首長国連邦、アルジェリア、ナイジェリア、アンゴラ、エクアドル、ガボンです。

シェールガスと石油

米国のシェールガス

自国で原油などのエネルギーを産出できないとOPECに加盟している原油産出国に頼ることになります。全面的に石油産出国に依存することは大変危険ですね。

そこで米国ではシェールガスの開発を進めました。シェールガスを私たちが使えるようにするには、高い技術と物凄くコストがかかります。そこがただ土地を掘って石油を取り出す石油産出国との違いです。シェールガスはコストが高いのです。

引用元:http://www.jogmec.go.jp

石油の価格をどんどん下げてもOPEC加盟国は石油を掘り出すコストがあまりかかっていませんからどうにか耐えられますが、米国のシェールガスはそれでは赤字になってしまいます。アラブ諸国が米国に対抗するには石油の価格を下げれば良いのですね。

OPECの石油

石油の価格を下げすぎては自国の利益も減ります。そこは常に価格の調整をしながら利益を出さなくてはなりません。今回の原油減産9ヶ月延長という措置は原油が余ってきているので原油の量を減らすことによって、原油の価格をあげようという計画です。

代替エネルギー

シェールガスを開発して技術力を飛躍的に上げて安く生産できるようになれば米国は安泰ですね。だけど日本は自国でエネルギーを産出できませんから、ここはやはり太陽光発電などの代替エネルギーにかかっているのではないかと思います。

以上、「OPECとは?米国のシェールガスとアラブの原油価格の関係を簡単説明!!」でした!

ご家庭の太陽光発電に興味のある方はこちらの記事も御覧くださいね。
太陽光発電のメリットとデメリット!!新築時の注意点と国の補助金終了について。

この記事のまとめ

  • OPECが原油減産9ヶ月延長を決定。石油の価格をあげる意図。
  • 米国はシェールガスを開発。
  • 日本は太陽エネルギーなどの代替エネルギーの開発に力を注ぐべき。

太陽の光で全てまかなえたらいいですよね。夢みたいだけど。

スポンサーリンク

-日々の暮らし情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ニートが増えて働き手が足りなくなるの?AIに仕事を取って代わられるでしょ?

OECD(経済協力開発機構)は、日本の15歳から29歳までの若者のうち、働かないで教育も受けていない人をニートと呼んでいます。そのニートの割合が、2015年で10.1%(170万人)だったと報告書を発 …

2018年4月スタートのキッズウィークいらないって理由は、お金がないと家族旅行に行けないから!

政府がキッズウィークを設けたいらしいけれど、夏休みを一週間削って別の時期に一週間お休みをくれるらしい。2018年4月スタート!?旅行を推進しているけれどお金がないと家族旅行も行けないじゃない?それなら …

ヘリコプターチャーター費用/料金/値段ってどのくらい掛かるの?遊覧の値段はいくら?

車やタクシーでは3時間かかるところでも、ヘリコプターなら20分や30分。ゴルフやビジネス、旅行でも渋滞に巻き込まれないので早朝に出発しなくても大丈夫。だけどへリコプターのチャーター費用ってどのくらいす …

ななつ星in九州2017ツアー料金は?驚きの車両編成と食事と感想!!

seven stars in kyusyu・ななつ星in九州が大人気だそう。なんでも高い部屋から売れているらしいです。値上がりしても高いと思わないくらいの充実したサービスを得られるんですね。ななつ星2 …

一人暮らしで寂しいのは大学生と親のどっちなの?学生寮で必要なものはこの5つ!

ひとり暮らしを始めた時に寂しい思いをするのはよくあることだと思うけれど、人によってホームシックの度合いは違います。ひとり暮らしの学生も寂しい気持ちになるかもしれないけれど、親の方も寂しいですよ。 家族 …