寺、神社 温泉

下田蓮台寺温泉のお湯は何処から来たの?!下田の走湯とは?金谷旅館の仙人風呂!!

投稿日:2016年11月20日 更新日:

下田大賀茂の「走湯神社」(そうとうじんじゃ)は「走湯」(はしりゆ)と書きます。現在、大賀茂は温泉がなく、蓮台寺は蓮台寺温泉として有名です。なぜ、温泉がでない場所で「走湯神社」があるのでしょう?私はこれが謎でした。

dsc_0358

大賀茂の走湯神社の境内から空に向けて写真をとった。 大賀茂の神様と蓮台寺の神様が見えそううで見えなかった。

最近納得のいく民話を発見しました。それでは大賀茂と蓮台寺でお湯を取り合った下田大賀茂の民話をご紹介します。民話ですから真実かどうかわかりませんけれどね!

走り湯(はしりゆ)大賀茂の民話

大賀茂の神様はずいぶんのん気な神様でした。うららかな天気の日に木陰で昼寝をしていて、足元には大きな赤いつぼにいっぱいのお湯がおいてありました。このお湯が今湧き出ている温泉の湯なんですね。

蓮台寺の神様は、かねがね大賀茂のお湯を欲しいと思っていたので、いつもすきをうかがっていました。そして白い雲の上から赤い壺ごとお湯を盗んで行こうと降りてきました。神様なのに欲しいものを別の神様から盗んじゃうんですね!

お湯のこぼれる音で目をさました大賀茂の神様は、お湯が盗まれたのに気づいて、蓮台寺の神様のあとを追いかけました。蓮台寺の神様は重いつぼをかかえて、はあはあいいながら一目散に逃げていきます。まあ大変!どっちの神様が勝つのかな?

ふたりはお湯のはいった赤い壺を引っ張り合って取り合いを続けた結果、最後は大賀茂の神様が力尽き、蓮台寺の神様は元気よく赤い壺をもって帰って行きました。蓮台寺の神様がこの争いに勝ったんですね。

こんなことがあってから、大賀茂にはお湯がでなくなってしまいました。蓮台寺には熱いお湯がたくさん出ています。お湯が走ったということで、大賀茂には「走湯神社」と名付けられた神社があります。文字は走湯(はしりゆ)なのですが、地元の人は「そうとう神社」と呼んでいます。

お湯を取り合うなんてなんだか無邪気な神様たちですね。大賀茂では面白い民話でしょうけれど、蓮台寺の方では何か言いぶんがありそうな気もしますよね。この民話の通りなら温泉を横取りしたことになりますからね。

それでも蓮台寺の方ではこのような言われも笑い飛ばし、過去から現在に至るまで大勢のひとに喜んでもらえる蓮台寺温泉を誇りに思っていると思いますよ。温泉の出ない地域のことをかわいそうに思っているでしょうから、この民話も笑って受け入れてくれますよね!

民話に出てくる「走湯神社」へ

走湯神社の前まで来ました。

dsc_0363

この階段を登ると赤い鳥居があります。 右側はスロープになっていて階段よりも楽に登れます。 黄色いお花が咲いていてきれい。

dsc_0338

走湯神社の鳥居です。鳥居の向こうはまた短い階段です。

dsc_0341

見えにくいですが、柿の木です。 大賀茂は柿が良くとれます。

dsc_0357

境内には大きなきがあります。何ていう名前の木かわかりませんが 木漏れ日がきれいです。

dsc_0345

境内の広いスペースです。 お祭りの時やお正月はここで奉納相撲をとります。

dsc_0346

覆殿。普段は開いていません。 お祭りや年末年始だけ開く模様。 残念。

dsc_0347

手洗い鉢の上には屋根がありました。 手ぬぐいが干してあります。 誰もいなさそうだけれど誰かお掃除しているのかな?

dsc_0355

石の社殿の前に青の徳利とおちょこがあります。 なんだかおままごとのようで面白いです。

dsc_0352

本殿が覆殿の後ろに所狭しという感じでありました。

dsc_0354

覆殿の屋根とぶつかっている太い枝。

dsc_0350

この短い階段の上には本殿があります。 覆殿の裏にあります。

dsc_0344

奥にはみかん園があります。 このみかんは売るのかな?

走湯神社に蓮台寺の神様とお湯を取り合った民話があったことを知らなかったので、お寺の名前が不思議でしたがやっと神社の由来がわかりました。今は地元大賀茂で大切にされている小さな神社に親しみを感じます。

蓮台寺金谷旅館がおすすめ

この伝説の通り、大賀茂は温泉が出ませんが、蓮台寺はいろいろな旅館が温泉を売りにしています。

dsc_0420

金谷旅館の入り口です。ここから入ります。 古い建物ですが、そこがまた雰囲気があります。

dsc_0421

仙人風呂の標識が道にありますから見逃さないでくださいね。日本一の総ひのき風呂。 宿泊しなくても入浴できます。

なかでも、金谷旅館の仙人風呂は総檜風呂で有名です。女湯も壁や天井が木造でそこそこ広いですが、男湯大浴場(千人風呂)はもっと広くて良いです。

お風呂は深い(1m)ので立って入ります。脱衣所は別なので、男湯の千人風呂への入り口とは別々です。多分反対側になるのだと思います。

だからあまり奥へ進まないで、女湯脱衣所からの千人風呂入り口近くで温まってくだされば安心です。空いている時は子供が泳いでしまうくらい広くて縦に長いです。

スポンサーリンク

近辺の見どころをご紹介

50万坪もの面積があり、奥下田の山間にある観音温泉はお肌がすべすべになります。つるつるした肌ざわりのお湯は強アルカリpH9.5です。観音温泉は飲み水も販売しています。山奥の地図を御覧くださいね。

まとめ

  • 走り湯(はしりゆ)の民話によると、昔、蓮台寺の神様が大賀茂の神様からお湯を盗んでしまった。
  • 大賀茂の走湯神社はそうとう神社と呼ばれている。
  • 蓮台寺温泉の金谷旅館の総ひのき造り千人風呂がおすすめです。

昔の神様はいたずら好きなのですね。人のものを盗んでしまう神様が居るなんて少し可笑しいですよね。

蓮台寺には温泉が豊富にあって源泉かけ流しだから気持ち良いですよ。浴槽だけでなく、壁も天井も木造りというのは珍しいですよね。ぜひ蓮台寺温泉金谷旅館にお立ち寄りくださいね。千人風呂があなたを待っています!

スポンサーリンク

-寺、神社, 温泉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

小稲の虎舞2017in南伊豆!!日程や歴史と近くのおすすめお宿は?!

小稲の虎舞は全国的にも珍しい舞いで、無形文化財指定されているんですよ。小稲の虎舞の日程ですが、2017年は10月3日(火曜日)におこなわれます。毎年中秋の名月前夜に、来宮神社祭典で奉納される虎の舞です …

空海が創設した富貴野山「宝蔵院」!「21世紀の森」で自然と一体化!

松崎町の広大な山林の中に、昭和60年に構想した「21世紀の森」っていう公園があるんですけど、21世紀のための森林公園、ってどんなところかな?「21世紀の森」がある富貴野山(ふきのさん)には空海が創設し …

下田太鼓祭り2018年8月14日15日!!花火や歴史や画像を公開!!

下田八幡神社の例大祭では、今年は14台の太鼓台が登場します。下田太鼓祭りは毎年13日は各地区ごとの前夜祭のようなものがあって、14日、15日と太鼓を打ち鳴らしながら街中を練り歩きます。 下田太鼓祭り2 …

湯河原の五所神社はパワースポット!! 湯河原駅からのアクセスは?

熱海と湯河原はちょっといりくんでいる部分があって、熱海に近い湯河原の五所神社(ごしょじんじゃ)を紹介します。私が気になる木があるのでたまに訪れます。 楠に近づいて手を木に当てると、かさっとしていて、冷 …

「富士山」と言っても下田富士!入り口が参道で頂上が浅間神社です。女子旅にいかが?

伊豆は伝説や民話の宝庫です。下田の子供も大人もみんなが知っている民話です。どんな場所が民話に出てくるのか気になります。お気に入りの民話に出てくる場所へ訪れてみることにしました。まずは伝説のご紹介を致し …