観光地

「セカチュー」のロケ地松崎町でなまこ壁中瀬邸を見学!侘助で午後のひとときを。

投稿日:2016年12月30日 更新日:

松崎町のビジターセンターは中瀬邸の中にあります。中瀬邸の右側ですが、ここは無料で、ここで伊豆ジオパーク(大地が育んだ貴重な資産)の展示もしているんですよ。そして何と言っても松崎町は「セカチュー」のロケ地だったんです。

松崎町ビジターセンター。中瀬邸の右側にあります。 伊豆ジオパークの展示をしています。

松崎町でなまこ壁の家を見たい方は中瀬邸にいらしてくださいね!中瀬邸も入館料はたったの100円です。明治初期に数代で財を成した中瀬邸ですが、現在は町が買い取り呉服屋を再現して展示しています。観光案内や喫茶やお土産もありますよ。

また、侘助で午後のひとときをお過ごしくださいね。

なまこ壁の中瀬邸

生活感のある展示物

中へ入ると受付の方が全般的に説明をしてくださいますから聴いてくださいね。その隣にはたくさんの可愛らしいお土産物が飾られています。中の喫茶でもスタッフの方が家の造りについて色々教えてくださるので是非気軽に質問してくださいね。

喫茶は畳の部屋なので足を伸ばしてゆっくりと座って休めますよ。おすすめメニューは桜セット!松崎産の桜葉を使った桜葉餅と抹茶のセット410円、喫茶は10時から4時迄です!当時使っていた大きなそろばんがあったり着物が展示してあります。

廊下を渡っていくと部屋があり、そこにはた織り機が展示してありました。松崎町は昔繭の産地だったんですね。別の部屋にはセカチューで有名な「世界の中心で、愛をさけぶ」のドラマで実際に使われた物の展示があったりします。

古くても大切なもの

明治商家「中瀬邸」。明治時代の呉服問屋でした。

なまこ壁の土蔵(どぞう)も今では珍しいですね。ここには当時の生活が感じられる資料がいろいろと揃っています。使い捨て時代は終わったと思うけど、ここに展示してあるものは大切に保管されていて、改めて物を大切にする気持ちを呼び起こされました。

もっと物を大切にして暮らしていきたいと思うのですが、物に溢れて暮らすのは嫌だから結構思いっきって物を処分することを繰り返して暮らしてきました。スッキリと暮らすには捨てることが必要で、本当は物を捨てたくない気持ちと相反していて悩ましいです。

最近はリサイクルに出せるの物はリサイクルを活用するなどしています。我が家で必要なくなったものはこれから必要になる方へ譲ったり。逆にこちらが頂いたりしています。新しく買うよりもそのほうが格好いいみたいな雰囲気です。

学校でもそのような取り組みをPTAからの要望ではじまり、卒業生が使っていた問題集や参考書を希望する在校生に引き取ってもらったりしています。

参考書だけでなく、教科書も下級生に譲れるシステムができるともっといいと思います。ひとによっては新しいものにこだわる方もいらっしゃると思いますが、先輩から譲ってもらったほうがいいという感覚をもった生徒もいますよね。

我が家では制服を譲ってほしかったけれど、サイズが合わなくて断念しました。新しもの好きのときもあったけれど、今は物を大切にする方が優先順位が高くなっています。100年使うと付喪神が宿ったりするのかしら?!

松崎町にいらしたら、昔のものを今まだ大切に保管している中瀬邸を是非見学してみてくださいね。きっと物を大切にして暮らしたい気持ちにもなると思いますよ。(・∀・)

明治商家 中瀬邸
〒410-3611
静岡県賀茂郡松崎町松崎315-1
TEL 0558-43-0587 FAX 0558-43-0587

スポンサーリンク

午後のひとときに侘助

中瀬邸から徒歩数分のところに「侘助」というカフェがあるんですけどね。入り口は小さくて見逃しそうになりますが、店内の方がずっと広いんです。この店内も木造で暖かみがあるし、ここから見える景色がわび・さびを感じるんですよね~。

侘助の窓からの風景。

川の淵に建っていて柿の木や他の緑や川が窓から見えるんですけどね、雰囲気がいいんですよ。いろいろな種類の小鳥がひっきりなしにやってきて餌のみかんを食べています。メジロやうぐいすやひよどりも見かけましたよ。かわいいですね~!

ちょっと優雅な午後のひとときになりますよ。店名が景色や雰囲気にぴったりの「侘助」の2Fはギャラリーになってるんです。

私はたまにしか行かないので、行くたびに展示してあるものが変わっていますよ。ガラッとかわった趣になっていて楽しいですよ!カフェでアートに接してちょっと刺激をもらって得した気分になります。(^^)

木炭の火鉢。

背中が暖かいな~っと、思っていたら後ろに火鉢がありました。いまどき珍しいと思いませんか?寒い冬でもぬくぬくと居心地がいいです。(*‘ω‘ *)自分の家ではやってみたいけど、できないことを「侘助」でしてしまいましょ!

雑貨も販売しています。

お店に入るとすぐに手作り雑貨や陶芸品、ガラス雑貨、手作りクッキーなどがありますので注文したものが来るまで店内を見て回ったりできますよ。ちょっとゆったりと過ごしたい午後のひとときに侘助いいでしょう?!

ここの食器は陶芸家の作品を使っていますが、以前おすすめした「南伊豆弓ヶ浜くつろぎの御宿 花さと」という旅館と同じ急須が出てきました。青と黒の色で水玉模様のようなシックな陶芸作品です。

陶芸作家は南伊豆の蔵前さんだったと記憶していますが、この模様好きだったんです。(花さとの記事も御覧くださいね。)

南伊豆弓ヶ浜の御宿「花さと」で見たのと同じ陶芸家の食器です。

伊豆の工芸品 ギャラリー喫茶「侘助」
静岡県賀茂郡松崎町松崎319

近辺の見どころのご紹介

無料休憩所の古民家伊豆文邸、ワンコインランチの蔵ら、イタリアンのフランボワーズもとっても美味しいですよ。この記事もどうぞご覧になってくださいね。

まとめ

  • 松崎町中瀬邸はなまこ壁の造りで明治の商家呉服屋だった。
  • なまこ壁の土蔵や生活感のある展示物があった。
  • 侘助は午後のひとときを過ごしたいカフェ。
  • 侘助の2Fはギャラリーになっていてそこを訪れるのも侘助に行く楽しみのひとつ。

無料休憩所となっている伊豆文邸があるなまこ壁通りをお散歩しました。この辺は趣があっていいですね。みかんをお土産に持たせてくれたから宣伝するわけでは決してありませんが、会う人皆親切で優しかったです。(*‘ω‘ *)

誰かに優しくされたいあなたも、是非、松崎町へ遊びにいらしてねっ!

スポンサーリンク

-観光地

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

竹あかりが下田の街を照らす!竹楽しみまくる2018 Bamboo Lighting in Shimoda

竹の中にろうそくを灯して、灯りが照らす景色を楽しみたい方は伊豆下田に集まれ!夕暮れ時にライターを持参して一緒に点灯しましょう。 竹ランプって作ったことありますか?自然の竹に穴をあけて、中に火をともしま …

伊豆観光で来宮神社や白浜神社で縁結び!!伊勢海老アワビ金目を弓ヶ浜花さとや下田こむらさきで舌鼓!!

伊豆観光で何処へいこうかな?と考えている方は縁結びの神社はいかがですか?伊豆山神社のような超有名な神社ですと神様も忙しいかもしれませんから、2番手くらいに有名な熱海の来宮(きのみや)神社と下田の白濱( …

「戦国BASARA」小田原征伐公演と伊豆箱根鉄道がコラボ!!スタンプラリーの駅はどこ?

伊豆箱根鉄道大雄山線は、『斬劇「戦国BASARA」小田原征伐公演』と初コラボのスタンプラリーをしますよ!!期間限定の「戦国BASARAのスタンプラリー」は、8/11から8/31までです!! 引用元:h …

大室山の山焼き2017年2月19日-山焼きの歴史と理由を知っていますか?駐車場情報もあり!

通常は2月の第2日曜日にある大室山の山焼きですが、週末の寒波で雪が降ったこともあり、2017年は第3日曜日へと延期になりました。お椀を逆さにしたような大室山は、なかなか素敵な形です。初夏の緑色の大室山 …

松崎町の歴史ある古民家は無料休憩所の伊豆文邸!ランチは蔵らでケーキはフランボワーズ!

松崎町には素敵な古民家の無料休憩所、伊豆分邸があります。とっても気さくでやさしい管理人さんがいらっしゃることもありますが、誰もいないときもあるんですよ。勝手に上がって、休んでくださいね。寝っ転がっても …

error: Content is protected !!