観光地

静岡下田の美術館!上原美術館のご紹介。田舎の美術館だからこそあるメリットはこれだ!!

投稿日:2016年11月10日 更新日:

都会の大きなスタイリッシュな美術館はいつも多くの人が訪れています。それなのに田舎の小さな美術館はひっそりとたたずんでいるんですよ。下田の上原美術館はあまり訪れる人も多くはありません。

そこで田舎の小さな美術館ならではのメリットをお伝え致します!

dsc_0415

上原美術館美術館の外観です。

田舎にしてはスタイリッシュな外観です。個人宅の豪邸みたいですよね。

dsc_0412

駐車場から美術館までは階段を登ります。

古いお地蔵さんや石造物が並んでいます。この階段は苔で凄いことになっていますが、隣に新しい階段もありますから安心です。お気をつけて登ってきてくださいね。

田舎に欠けているところは文化的なこと!
でも上原美術館がありますよ!

「田舎は文化的なことが無い!」というのが都会と比べた時のデメリットだと思います。

今はネットでつながっているので、お店がなければ通販で物を買えば良いです。本屋がなくてもアマゾンを使えば次の日に読みたい本を配達してもらうことも可能。スーパーでの買い物もネットで注文、配達というサービスもありますから、そんなに不便ではないかも。

情報を得ることもインターネットのおかげで遅れをとっているという気持ちにはならないかもしれません。だけど、美術館や音楽コンサート、興味を持ったことの講習会などと言うことになると、やはり都市まで行かなければなりません。・゚・(つД`)・゚・

ど田舎に見つけた上原美術館!

そのような状況でも、なんと田舎の山奥に素敵な美術館があります。是非、この小さくて素晴らしい美術館を訪れて頂きたいです。

  • 開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 入館料  大人800円・小中学生400円
  • 住所   静岡県下田市宇土金341
  • 電話   0558-28-1228

稲梓の山の中、落ち着いた雰囲気で四季の風景を楽しめる上原美術館です。ここは大正製薬株式会社名誉会長 故上原正吉、小枝夫妻の寄付により建てられた美術館です。

平日はもちろん空いていますが、週末でも混んではいませんから、のんびりと、ゆっくりと鑑賞できます。4ヶ月ごとに絵画が入れ替わり楽しめますので、1年に3回は通いたいとひそかに思っています。(^^)

2016年一期はかたちの美です。二期ははじまりの絵画です。そして三期は冬の情景、そして春へです。このように1年を3期に分けてテーマがあります。テーマを言葉で読むだけだとピンときませんが美術館で絵画を見ながらだと、テーマが伝わってきて良いですよ。

まるで邸宅のような外観の上原美術館!

上原美術館の外観は邸宅のような建物です。エントランスは広い空間になっています。入り口から右手に受付があり、左側に展示室があります。展示室は三部屋あります。テーマをもった企画展と常設展があります。

受付の奥、右手にはラウンジがあります。ラウンジは個人宅のリビングのようなテーブルと椅子、奥にはソファーがあり、どこにでも好きな場所に腰を掛けられます。

上原近代美術館のラウンジ

コーヒーや紅茶、日本茶が自由に無料で飲めて、アカデミックかつ優雅な気分に浸れます。窓は大きなガラス窓で外には彫刻家山本正道による<風と少女ーVersilia>が芝生の上に座っています。

個人宅のお庭のように周りは木々で囲まれていて、その後ろには山々が連なっていて、四季を感じる美術館での空間を楽しみながら安らぎの時間を過ごせますから、是非あなたも訪れてくださいね。

上原美術館には貴重なコレクションがあります!

個人コレクションがもとであるとは言え、セザンヌ、ルノワール、マティス、ピカソなどの西洋近代絵画に出会える美術館ですから、確実に地域文化向上の場となっているはずですよね。

私財を投じて美術館を建てて下さった大正製薬株式会社の名誉会長 上原昭二さんのおかげです。偉い方ですね。つまり、この小さな美術館は利益を出すことを目的として作られたわけではなく、地域貢献ということですものね。

そして梅原龍三郎、安井曾太郎、須田国太郎、横山大観、小林古径など日本絵画にも出会えます。

スポンサーリンク

上原美術館の知らなかった画家さんたち

アンリ・マティス

アンリ・マティス

まず、アンリ・マティスを知らなかったので少し調べてみました。アンリ・マティスは20世紀を代表するフランスの芸術家の1人です。原色を多用して強烈な色彩で描いた絵が多いので色彩の魔術師と言われたのでしょうね。

彼は数々の傑作を草花や鳥が憩うアトリエで生み出したそうですよ。植物が大好きということなので、彼のアトリエは様々な色や形の植物や花で溢れていたのでしょね。それが彼の色彩への感覚に影響していそうですよね。

そしてそんな環境で数々の傑作が生み出されたのですね。マティスはキャロライン・ジョブ・ロウという恋人がいて娘までいたのに、なんとメアリー・バイエルという別の女性と結婚してしまったんですよ。

まさかそんなややこしい状況では芸術活動に没頭できないのではないか?と思いきや、キャロラインとも娘とも関係がさらに悪くなることもなく、娘がその後もモデルを努めていたそうです。驚きですね!

このことから複雑な状況でも上手く良好な人間関係を保つマティスは、繊細な神経をしていて、思いやりを持って相手に接していたのだろうと私には思われます。相手を見下すような態度をとればこのような親交はありえませんものね!

ジョン・ピーター・ラッセルやゴッホ、ゴーギャンの影響を受け、パブロ・ピカソとは友人でありライバルとなりました。ヴァンスのロザリオ礼拝堂のステンドグラス、その他内装を作製し、これらがマティスの集大成と言われています。

小林古径(こばやし こけい)

小林古径(こばやし こけい)

それから小林古径も知らなかったので調べてみました。大正から昭和期の日本画家です。日本画の伝統を踏まえつつ、写実と装飾を調和、簡素な表現で洗練された新古典様式を確立しました。それは近代日本美術史におけるひとつの頂点となりました。

「髪」「竹取物語」や「清姫」などのように洗練された線描で透明感のある端正な画風を築きました。清澄な色彩感が作品に高い品格を与えています。「髪」は裸体画として日本で初めて切手となったそうです。

小林古径邸は東京の大田区から上越へ移築、復元したものです。吉田五十八が設計し、宮大工である岡村仁三によって建てられました。古径邸は数奇屋の伝統と近代の文化が造形化された珍しい建築物です。古径邸は国の登録有形文化財になりました。

自宅が国の登録有形文化財になるとは随分貴重な邸宅を建てたのですね。住まいからして芸術作品にしてしまうこだわりが彼の美の追求にたいする結果だと思います。私だったら日常イコール完璧な理想形というのは緊張感がありすぎるかもしれません。

知らない画家の作品も次に出会った時は覚えているでしょうか?2度目では無理かもしれません。何度目かでやっとわかるようになるかもしれません。そんな風にちょっとずつ感性を磨き広げていきたいです。

そうしたらもう少しだけ豊かな気持ちになれるかしら。(#^^#)

「上原美術館」のまとめ

  1. 落ち着いた雰囲気でとても安らげる。
  2. 四季の風景を楽しめる。
  3. まるで邸宅のようなラウンジでくつろげる。
  4. 4ヶ月毎に絵画が入れ替わる。
  5. セザンヌ、ルノワール、マティス、ピカソなどの西洋近代絵画にも出会える

普段芸術鑑賞なんてしない方でも、たまには美術館も良いですよね。地元の方も行ったことのない人のほうが圧倒的に多いと思います。それでは本当にもったいないですよね。是非上原美術館に立ち寄ってくださいね。

絵画は見ているとだんだん楽しめるようになるような気がします。前回よりも今回のほうが、今回よりも次回のほうが絵画を楽しめるような気がするのです。その空間に自分が居るだけで非日常感を味じわえますからね。

大正製薬の会長さんの私財で作られたと聞いて本当に驚きました。地元に貢献して下さって感動しました。個人コレクションなので、彼の感性に寄り添って楽しませていただきます。あなたも伊豆で名画に出会いませんか?

追記

再び上原近代美術館に行って参りました。あいにくの天気で帰り際に土砂降りの雨。傘を持っていなかったので車までの道のりを濡れるのを覚悟で出ようとしたら、受付の方が呼び止めてくださって、普段は健康な人は使わないエレベーターを使わせてくれました。

外の階段ではなく、屋内でエレベーターに乗り下の階の出口に向かいました。車まで一緒に来てくださり、傘を貸してくださって本当にご親切にありがとうございました。人から親切にされると嬉しいですね。

この御恩を別の誰かにお返ししていこうと思います。

このブログで取り上げた伊豆の美術館をご紹介

雨の日でも全く問題なく楽しめる美術館!

それから

美術館とその近辺の見どころを記事にしてありますのでご覧になってみてくださいね。

スポンサーリンク

-観光地

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

下田海中水族館でイルカに触れよう!驚く肌触りとお得なJAF割引き料金で突撃!?

イルカに触れたり鳴き声を聞くと気持ちが落ち着くらしいですよ。イルカに近づける場所ってどかにあるか知っていますか?海に行ってもイルカになんて会えませんよね。 水中で立っているイルカ。 海に浮かぶ下田海中 …

三島の佐野美術館(地図付き)と伊豆仁田(駅から徒歩1分)の古民家カフェirodoriの相性抜群!!

美術館と古民家カフェで半日過ごしたくて、以前行ったのは三島にある佐野美術館と伊豆仁田(いずにった)にある古民家カフェirodoriです。 お店に入る前の空間です。 お店には靴を脱いで入ります。 車で1 …

伊豆の観光タクシーおすすめ!天城の浄蓮の滝コースと河津七滝コース!

伊豆の観光にはタクシーがおすすめです。天城の浄蓮の滝コースや河津七滝コースなんていかがですか? 都心でタクシーを探すときは大通りに出て手を上げればタクシーが停まってくれます。流しのタクシーが必ず通りま …

伊豆観光で来宮神社や白浜神社で縁結び!!伊勢海老アワビ金目を弓ヶ浜花さとや下田こむらさきで舌鼓!!

伊豆観光で何処へいこうかな?と考えている方は縁結びの神社はいかがですか?伊豆山神社のような超有名な神社ですと神様も忙しいかもしれませんから、2番手くらいに有名な熱海の来宮(きのみや)神社と下田の白濱( …

ビッグシャワー2018in伊豆下田、吉佐美大浜(きさみおおはま)on8sat.9sun.SEP.駐車場無料!

毎年恒例のイベント!年に一度のビッグシャワーが2018年は9月8日9日にありますよ!場所は下田の吉佐美大浜海水浴場です。もちろん無料です!駐車場も無料ですよ! 引用元:http://www.shimo …

error: Content is protected !!