観光地

加山雄三ミュージアムはなぜ西伊豆にあるの?ピアノ伴奏ヒット曲「海その愛」

投稿日:2016年12月8日 更新日:

2017年4月11日に80才になる加山雄三さん、テレビ出演やステージでの公演と活躍されています。なぜ西伊豆に加山雄三さんのミュージアムがあるのでしょうか?

西伊豆堂ヶ島は加山雄三さんが大好きな綺麗な海があり、ヨットで遊びに来られたところです。そして東京からも近い。だからこの地に加山雄三ミュージアムを作ったのですね。

堂ヶ島

そして代表曲のひとつ、「海のその愛」いい曲ですね。作詞は岩谷時子、作曲は弾厚作(だんこうさく)です。この弾厚作というのは実は加山雄三の作曲家としてのペンネームです。弾厚作ってあまり知られていないと思いますが、ご存知でしたか?

スポンサーリンク

加山雄三の名前について

加山雄三さんの本名は池畑直亮(いけはた なおあき)、ニックネームは若大将(わかだいしょう)です。作曲家としてのペンネームは弾厚作(だんこうさく)です。色々な呼び名を持ってらっしゃいます!

加山雄三というお名前はさずが芸名だけあって響きが良いですよね。雄大な自然を思い浮かべてしまいます。加山さん自身もそのイメージ通りの方でいらっしゃって、海の男、ヨットとか船の船長さんのイメージです。

ニックネームの若大将もその通り!かっこいい!という感じです。本名は至って普通で、池畑直亮です。まあ本名ですから、全くぴんときませんが仕方ありませんよね。作曲家のペンネームは弾厚作。

正直、初めて効いた時はダサいのでないかと考えてしまいましたが、漢字を見ているうちに、「弾く」「作」は音楽や作曲に関係のある漢字ですし、「厚」は、幅がある、情に厚いなどという意味ですから奥が深いお名前だと気づいたところです。

加山雄三ミュージアムのある堂ヶ島には

加山雄三ミュージアムには加山雄三が書いた絵画や秘蔵フィルム、楽器、プライベートショットなどがあります。歌手加山雄三であり、作曲家弾厚作であるうえに、画業もなんと59才から初めたそうです。チャレンジ精神も旺盛で、男らしいくて素敵ですね。

アーティストというのは音でも絵でも感性豊かなので自己表現することが得意なんですね。何の才能もない私とは違い、「天は2物を与え給う。」否、3物。歌手としての加山雄三しか知らない方もいらっしゃるでしょうが、作曲家、画家としてもご活躍されています。

オレンジ色の夕陽

堂ヶ島の赤い夕暮れ

加山雄三ミュージアムのある堂ヶ島はこのような景勝があります。下田の海は朝日が登りますが、堂ヶ島は夕日が沈みます。綺麗ですね~。ときが止まったような美しい夕陽ですね~。色が全く違うのも興味深いです。加山雄三さんが愛した場所です。

幻想的に黄色や赤く空を染めて沈む夕陽に、自然の神秘を感じます。ただただ美しいです。あなたも西伊豆堂ヶ島にこの夕陽を眺めにいらっしゃいませんか?

スポンサーリンク

加山雄三が歌う「海その愛」に魅せられて

加山さんは「曲を書くのは動だけど、絵は静」と表現していらしゃいます。なるほど~そうなんですか。どちらもやらないので、つまりできないので頷くだけですが羨ましい限りです。「海その愛」は彼が作曲して歌っています。素晴らしい曲ですね。

映画にも出演されたので、俳優でもあります。そして光進丸という船の操縦もしますから船長さんでもあります。ここまで知ったらもう加山雄三さんのファンになってしまいますよね。多才でおおらかで素晴らしい方です!

堂ヶ島

そして西伊豆の堂ヶ島は彼の愛する海です。この海にあなたも是非訪れてみてください!夢のような幻想的な美しい夕陽があなたを待っています。沈んでしまう前に到着してくださいね。

では道中お気をつけて。

2018年4月 加山雄三さんの船、「光進丸」が炎上、水没・・・本当に残念です。
⇊  ⇊   ⇊   ⇊   ⇊
加山雄三の船の値段(価格)はいくら?保険金は?船舶免許がヤバイ!

まとめ

  • 加山雄三ミュージアムは彼の愛する美しい海がある西伊豆堂ヶ島にあります。
  • 西伊豆堂ヶ島は夕陽の景勝地です。
  • 加山雄三は歌手、作詞家としてのペンネームは弾厚作(だんこうさく)です。
  • 海その愛は加山雄三が作曲して歌った曲です。
  • 船の操縦、俳優、画業とこなす才能を持っている。
  • そんな加山雄三が愛する西伊豆の堂ヶ島へ是非遊びにいらしてください。

加山雄三というカッコよい名前とは対照的な弾厚作(だんこうさく)という作曲家ペンネームが忘れられません。西伊豆の堂ヶ島の美しさに感動しました。この地にミュージアムを建ててくださってうれしいです。

あなたも是非一度西伊豆堂ヶ島を訪れてくださいね!
まるで芸術作品のような夕陽の風景に出会えますよ!

スポンサーリンク

-観光地

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「セカチュー」のロケ地松崎町でなまこ壁中瀬邸を見学!侘助で午後のひとときを。

松崎町のビジターセンターは中瀬邸の中にあります。中瀬邸の右側ですが、ここは無料で、ここで伊豆ジオパーク(大地が育んだ貴重な資産)の展示もしているんですよ。そして何と言っても松崎町は「セカチュー」のロケ …

静岡下田の美術館!上原美術館のご紹介。田舎の美術館だからこそあるメリットはこれだ!!

都会の大きなスタイリッシュな美術館はいつも多くの人が訪れています。それなのに田舎の小さな美術館はひっそりとたたずんでいるんですよ。下田の上原美術館はあまり訪れる人も多くはありません。そこで田舎の小さな …

MOA美術館「紅白梅図屏風」年に一度梅の時期に本物特別公開!! 熱海温泉街散策食べ歩き!!

MOA美術館は国宝「紅白梅図屏風」を所有している熱海にある立派な美術館です。毎年梅の時期に本物を公開する「紅白梅図屏風」。本物を観賞できるのは1年の中で一時期だけなんです。 2018年は1月26日(金 …

伊豆観光で来宮神社や白浜神社で縁結び!!伊勢海老アワビ金目を弓ヶ浜花さとや下田こむらさきで舌鼓!!

伊豆観光で何処へいこうかな?と考えている方は縁結びの神社はいかがですか?伊豆山神社のような超有名な神社ですと神様も忙しいかもしれませんから、2番手くらいに有名な熱海の来宮(きのみや)神社と下田の白濱( …

伊豆の松崎町石部棚田のライトアップ!冬の旬を感じる里山!

里山と光のコラボレーションを見たことがありますか?伊豆松崎町石部(いしぶ)では標高120~250mの高台にある棚田(たなだ)をライトアップしているんですよ。 夜のライトアップはこの上の棚田です。 この …